×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ディマゴラス
タイプ:飛行巨人型属性:土弱点部位:翼
出現ミッション
最凶の砂獣
PSPo1出現ミッション
最凶の砂獣
出現インフィニティミッション
〜の凶砂獣、北風と太陽
BGM:Fly Up Ivy
ゴラス種。惑星モトゥブで恐れられる凶暴な巨大原生生物。西クグ砂漠では最強の生物とされる。
天候を変化させることができる能力を持つとされ、ルンガなどを好物とする。
ニューデイズのオンマゴウグと同タイプのボスモンスター。
ファンタシースターポータブル2、ファンタシースターポータブル2インフィニティ
弱点は翼で、一定数のダメージを与えると翼がボロボロになって墜落する。
この間は攻撃も一切せず、完全な無防備。一定時間経過後、翼が復活して起き上がる。
威力の高い遠距離攻撃で翼を狙い続けることで、ずっと俺のターンも可能。
ただし、本作では銃の射程が調整され、また翼の判定がやや狭くなっているため、狙いは正確に。
不安なら射程を延ばすフォトンアーツをリンクすること。

地上にいる場合は攻撃方法は2種類。
腕を大きく振り回して周囲を薙ぎ払う攻撃と、小さい雷弾を飛ばす攻撃。
地上にいるときは移動しないので楽だが、雷弾は運悪く多段ヒットすると相当痛い。
離れるように雷弾の横へ歩き続けることで割と楽に回避可能。雷弾は雷属性。
稀にあたると感電させられてしまう。雷弾は飛行中も稀に放ってくる。

飛行中が非常に厄介。多彩な攻撃を繰り出し、接近攻撃が届かず、滞空時間も多い。
黒い煙のようなものを出すと、イソギンチャクのような罠を発生させ、続けざまに羽で無数の竜巻を起こしてくる。これを連続で食らうと致命的。
場合によってはこれだけで死ぬことになりかねない。
また画面外へと降り立ち、岩やモンスターを両手にもって投げつけてくることもある。
この投げてきた岩やモンスターの攻撃判定はかなり強く、着弾点が画面に移っているだけで攻撃を受けてしまう。しかも威力もかなり高い。
こちらへ若干の追尾性もあるため、歩き回るだけでは回避できない可能性もある。
投げつける前に予備動作がはっきりとわかるので、その間に対策を考えておくこと。
一番危険なのが罠攻撃だが、キャラクターの足元にピンポイントに出現させてくるのが特徴。
これを受けてしまうと、一定時間全くの無防備にされてしまい、続く竜巻をもろに食らうはめに。
予備動作の黒い煙が見えたら即座に歩き回ることでかなり安全に回避できる。
翼を狙い撃ちしてる場合は即座に主観モードを解除して必ず逃げ回ること。
これさえよけられれば、竜巻はディマゴラスの左右にはあまり発生しないので、正面に回らずに離れればダメージは受けない。
竜巻の最中は弱点の翼が狙い放題。うまく攻撃すれば竜巻を中断させられる。
竜巻はまともに食らうとダメージはデカく、毒の追加効果まである。

ちなみに投げつけてくるモンスターはジシャガラとナヴァルの2種類。
余裕があれば見てみるとわかる。
兎に角主観視点で狙撃することに集中していると、罠モンスターを食らいがち。
そこさえ注意して冷静に対処すれば問題ない。
主な攻撃方法基本的な内容
腕ぶん殴り地上で使用。周りを薙ぎ払うように腕を振り回す。
雷石つぶて雷を纏ったいしつぶてを無数にばら撒く。地上では射程が長く、空中では弾数が多い。当たり所が悪いと即死もありうる。追加効果は感電。
罠モンスター周囲のターゲットの足元からイソギンチャクのような罠モンスターを呼び出す。食らうと一定時間完全に無防備。予備動作として黒い煙を地面に投げつけるような動きをする。
暴風竜巻地上に無数の竜巻を発生させる。追加効果は毒。上記の罠の後に続けざまに使うことが多い。まともに食らうとかなり痛い。
岩投げ画面外へ行き、岩石を両手に持って投げつける。追尾性能が高いうえに判定も強い。ダメージも高く、稀に即死する場合がある。
ジシャガラ投げ上記の岩投げとほぼ同じで岩のかわりにジシャガラを投げつける。
ナヴァル投げ上記の岩投げとほぼ同じで岩のかわりにナヴァルを投げつける。
ディマゴラス画像集



最凶の砂獣対象地域:西クグ砂漠
出現条件:ストーリー第2章クリアシングル、マルチ可
敵レベル:C11〜、B50〜、A100〜、S150〜
西クグ砂漠の中央部では、
砂漠最強の原生生物であるディマゴラスが自身の領地を広げるためにカレニガレ鉱山に向かおうとしているようだ。
ヒトへの被害が出る前に、ディマゴラスを討伐せよ!
(前作) 西クグ砂漠最強の原生生物ディマゴラスが、SEEDの影響でさらに凶暴化し、エネルギープラントへ無差別な攻撃を繰り返している。
ディマゴラスを討伐せよ!

(C)SEGA
●もどり